tango_locos

English

Milonga Map1 (A-I)
Milonga Map2 (J-Z)


Home

Practicas

Tango calendar

Link

Guest book


ミロンガでのマナー


mail:お問い合わせ
 


 

ミロンガでのマナーとエチケット



アルゼンチンタンゴを踊る喜びを一言で言えば、女性は男性のリードで心地よく踊らせてもらうことであり、男性は相手の女性が楽しんでくれることを喜びとしているのではないでしょうか。共に音楽を感じる瞬間はこの上なく気持ちのいいものですね。

その楽しいミロンガを更に楽しい雰囲気にするにはマナーとエチケットは欠かせません。日頃から心掛けていらっしゃる方も多いと思いますが、思い違いや気付かなかった点もあるかもしれません。もう一度チェックしてみませんか。


ng

Practica schedule Print


ミロンガで素敵に踊りましょう ♪
ミロンガは社交の場ですから,グラスを手にエレガントに語り合う姿も素敵ですね。しかし、エキサイトしすぎた会話は音楽を聴いている人の迷惑になるので要注意!ミロンガでは音楽と踊りを楽しみましょう。

周知の通りアルゼンチンタンゴはフロアを左回りに進むように踊りますが、フロアの隙間をぬって進むわけではありません。全体の流れを感じ、それを壊さないように調和して踊りましょう。
  
前で踊っている人を追い越すのも正しい踊り方とは言えないでしょう。また、一箇所に長く留まって踊りの流れを妨げないようにしましょう。
  
フロアの中央は空いている踊り場ではありません。流れから外れた場合の一時避難場所です。体制を立て直し、前後のスペースを考慮して流れに 戻りましょう。
  
混み合ったフロアでは、ステージタンゴのような派手なガンチョ、サカーダ、ボレオ等は、危険です。コルガーダも男性が急に後退するので危険ですね。そんな場合は、周囲の方の迷惑にならないように、混雑したサロンでも使えるようなリードを工夫しましょう。

最初の一歩は、右足で一歩後ろに下がるように教えてくれるクラスが多いですが、混んでいるミロンガではこの一歩後退も危険です。

もしも、ダンスの途中で他のペアと接触してしまった場合は、ぶつかったお詫びの挨拶をするようにしましょう。言葉に出すタイミングが無ければ、会釈でも、アイコンタクトだけでも良いと思います。

他のペアに接触して女性が謝っているケースをよく見かけます。リードをしたのは男性ですので、男性が謝る余裕と気遣いを。

レッスンで習ったばかりの未完成な技をミロンガで練習したり、教えたりするのはやめましょう。ミロンガは練習の場ではありません。フロアの流れを乱す場合もあり、他の方の迷惑になります。
  
女性は、リード以上の大きい動きは控えましょう。オーバーアクションは事故のもとです。歩く歩幅からボレオの足の上がり具合まで、男性はフロアに応じてリードをしているのです。
 
初心者の方は、ステップのレパートリーがないからといって引っ込み思案にならないで下さい。女性は音楽を共有していると感じれば、歩いているだけで心地良いのです。それこそがミロンガを楽しむことなのです。

誘い方と断り方
スマートな誘い方が良いですね。例えば、本場ブエノス流にアイコンタクトで誘ってみてはいかがでしょうか。お相手も踊りたければ貴方の方を見てくれます。
 
同伴者が居る場合や、会話されている時などは、相手の方に断りを入れるとか、会話が終わるまで待つなど、その場の空気を読みましょう。
 
コルティーナ(間奏)ではパートナーチェンジをしましょう。お相手を誘いたいと思っている方、貴方と踊りたくて順番を待っている方がいらっしゃるかもしれません。
 
コルティーナがかからなくても、男性はなるべく3曲~4曲を目処にパートナーチェンジをした方が良いでしょう。女性はヒールを履いていますから、何曲も続けて踊ると足が疲れている場合があります、もっと続けて踊りたい場合は「もう一曲よろしいですか?」と尋ねたり、一度パートナーチェンジしてからまた誘いましょう。

女性は、疲れていたり、踊りたくない時はお誘いを断っても構いません。ただし、その時の曲が終わるまでは、他の方と踊らないようにしましょう。先の方をお断りしているのですから、断った方への配慮が必要です。
 
男性は断られても、スマートに引き下がりましょう。女性にはその時々のコンディションがあります。また次回お誘いしましょう。

女性は男性が気を悪くするような断り方は控えましょう。


男性も女性もお洒落して非日常を楽しみましょう
dress

少しお洒落をするだけで、気分も踊りもミロンガも華やぎます。

アルゼンチンタンゴはペアダンスですから、相手を不快にさせることがな いよう、身だしなみに注意しましょう。

清潔な服装を心掛けましょう

【男性】
× 女性の顔に間近な背広の肩に落ちたフケ。
× 大量に汗をかいたびしょ濡れのシャツ。

吸水性の良い素材を選ぶ、汗をかいたら着替える、汗が引くまで次の踊り を控える等、
パートナーに対する配慮をお忘れなく。


【女性】
× 肌の露出は程々に。
× 踏みそうなくらい裾の長いドレス。

過度の露出では男性は何処に手を置いて良いのか、どこに視線を もって いけば良いのか困ります。
また、裾の長いドレスは、ご自身にも周りの人 にも危険です。


   『ニオイ』にご用心!

自分の『ニオイ』に注意しましょう。

* 口臭   
* 頭の地肌のニオイ
* タバコのニオイ  
* 汗をかいた時の体臭 
* 強すぎる香水のニオイ   
* 服のニオイ(お部屋干のニオイなど)
* ミロンガ前の飲食も、ニオイの強い物は避けるよう心掛けましょう。

最近では薬局にいけば、デオドラントシートや汗を抑えるスプレー、口臭を抑えるタブレット等、
ミロンガで大活躍のニオイ防止グッズが沢山売られています。是非試してみてください。


以上が、ミロンガを楽しむためのTANGO LOCOSからのご提案です。

しかし、これは一般的なことを取り上げたに過ぎません。また、その限りでもありません。ミロンガで踊っていると、いろんな場面に遭遇し、疑問に感じることもあると思います。そんなときは、お教室の先生に質問するのもいいですね。きっと目からウロコのアドバイスを頂けると思いますよ。

また、ミロンガではフロアの観察もしてみてください。誘い方の素敵な男性、上品に誘いを待つ女性、エレガントにフロアを踊るペア、見ることも大切、ステップアップにつながるのではないでしょうか。

マナーやエチケットは「ルール」ではありませんが、ミロンガのムードをこわさないための心得、相手を思いやる気持ちです。ひとりひとりがそれを心掛けるだけで、ミロンガはとても魅力的なものになると思います。

リードを考えなければならない男性、ヒールの高い靴で頑張っている女性。
タンゴは、相手がいてこそ初めて踊れますよね。
感謝して、やさしい気持ちでその1 曲を共有しましょう。

そして気がつけば……、



既にあなたは素敵なTANGO LOCOS に!!


Copyright (C) 2010 Tango Locos. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system